出る杭研修

 

最初から日本経済新聞が注目!(2014年)
『 イノベーティブな人材を育てる「出る杭研修」 』

 日経テクノロジーオンラインも!(2015年)
『 「出る杭」がいない?育てればいいんです 』

マイナビニュースも!(2015年)
『 日本企業が抱える人材育成の課題とは? “出る杭”の育て方 』
【 経理・人事・総務 1位 】

 


 

かつてのソニーは「出る杭」を求めていた

新聞に「出る杭」の求人広告を出すほどである

そして神話ともされる急成長を遂げた

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

その求人広告には、こうある

「ウデと意欲に燃えながら、組織のカベに頭を打ちつけている

有能な人材が、われわれの戦列に参加してくださることを望む」

ソニーは今で言う「全体最適」を重んじる人間を求めていたのだ

つまり、ソニーにとって有為な「出る杭」とは

「全体最適」を重んじる人間であったことになる

そこで、社会にとって有為な「出る杭」を

「全体最適」を重んじる人間と定義することを提案したい

そして、「全体最適」を重んじる人間とは

コンサルティング業界の心ある者たちが言うT字型人間である

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

この定義に基づき、過去の偉大な経営者たちの人物像を振り返る

ソニーの創始者・盛田昭夫氏

「グローカルの発想」を社内外に発信していた

「グローバル(全体的)に考えローカル(部分的)に行動せよ」

ということだ

ソニーのライバルとされたパナソニック創始者・松下幸之助氏

「会社は社会の公器」であると唱えていた

「会社(部分)は社会(全体)に資するべきものである」

ということだ

ソニーの創始者・井深大氏の盟友、ホンダ創始者・本田宗一郎氏

「理念と行動」を説いていた

「行動(部分)とは共通の理念(全体)に基づくべきもの」

ということだ

彼らは、みな「出る杭」だったのだ

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

他方、T字型と対置されるのがI字型人間である

I字型人間とは、「部分最適」を重んじる人間であり、多数派だ

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894

I字型人間だらけの組織は、縦割り組織になる

相対的にI字型人間の多い日本企業の多くは縦割り組織である

すべき横連携をしないで組織内に引きこもる

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895

一方、T字型人間が上位にいる組織は、縦割り組織にならない

相対的にT字型人間の多い米国企業にはこうした組織が少なくない

悔しいが、彼らはすべき横連携をして組織外に目を向ける

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896

では、T字型人間の精神構造とはどんなものなのか

18世紀の哲学者カントが唱えた「知・情・意」ベースで考える

これは、「知(知性)」「情(感情)」「意(意志)」で

人間の精神が構成されるとの考え方だ

「全体最適」=普遍的に正しいものと考えれば

T字型人間は普遍的に正しいものである「本質」を求める人間だ

つまり、T字型人間は「情」において普遍好きなのだ

そして、「意」において普遍を見るための広い視野を持つ

「知」において本質を見極めるための高い論理的思考力を持つ

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%897

しかし、それではややこしい

単純化すれば「深く」「広く」「正しく」考える人間と言える

ならば、「深く」「広く」「正しく」考えさせることで

T字型人間を育てられることになる

ただ、真に「深く」「広く」「正しく」考えさせるのは至難の業

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

だから、「スクラップ」&「ビルド」で考えさせる

頭の中に築き上げられてきたものを一旦ゴミにする

しかる後、再構築する

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%892

それを徹底的な討議とプレゼンの繰り返しの中でやる

苦労して自力で獲得した結論は、腹落ちする

「スクラップ」&「ビルド」が激しく起き、加速し、血肉となる

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%893

フル版の研修は、下記の4つのセクションから構成される

・「深く」考えるセクション

・「広く」考えるセクション

・「正しく」考えるセクション

・「まとめ」セクション

「深く」では、主に「価値」について考える

「広く」では、主に「人間」について考える

ビジネスとは人間から人間への価値の提供活動であるからだ

「正しく」では、それらの正しさを担保する

「まとめ」では、自己の価値を見つめ直して将来を展望する

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%894

「深く」のテーマは哲学的

「スクラップ」&「ビルド」が激しく起きる

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895

「広く」のテーマは認識学的

「スクラップ」&「ビルド」が加速する

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%896

「広く」のテーマは論理学的

「スクラップ」&「ビルド」の結果が血肉となる

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%897

「まとめ」のテーマは自己分析的

「スクラップ」&「ビルド」された新しい自分を発見する

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%898

 


 

【 受講者の声(アンケート回答 原文のまま) 】

 


 

【 研修のコース 】

フル版 5日 「深く」+「広く」+「正しく」+「まとめ」
深く版 2日 「深く」のみ
価値三昧版 1日 「深く」中の価値関連テーマのみ

  ※詳しくはお問い合わせください。

 


 

【 研修実績 】

・会津オリンパス株式会社

・アミタホールディングス株式会社

・オリンパス株式会社

・上村石油株式会社

・工藤コンクリート株式会社

・株式会社黒田組

・株式会社ジャパンディスプレイ

・株式会社瑞光

・株式会社テクノプロ

・株式会社東伸

・株式会社東和コーポレーション

・株式会社酉島製作所

・日工機材株式会社

・日本金型産業株式会社

・パイオニア株式会社

・パナソニック株式会社

・富士電機株式会社

・三菱日立パワーシステムズ株式会社

他多数

(五十音順)

 


 

【 出る杭研修 資料 】

 


 

【 出る杭研修 スケジュール 】

(ソスピック株式会社)